HSPでお悩みの方へ

■ どんな悩みがありますか?〜チェックシート〜 ■

他人の機嫌・顔色に左右される

相手のペースに合わせることが多く疲れてしまう

相手の言葉から相手の気持ちや意図を色々考えてしまう

自分の意見や感情を出さずに抑えてしまう

話しかけるタイミングに気をつかう

社交的な場、人混みにいると疲れる

些細なことでも過剰に驚いたり、ショックを受ける

仕事をする時、誰に見られるとしんどい

環境の微妙な変化によく気づく

明るい光や強い匂い、大きな音がしんどくなる


いかがでしょうか?

上記のような悩みが1つでもある方は、HSPの気質があるかもしれません。

■日常生活や仕事から感じる生きづらさ■

「ちょっと聞けばいいことなんだけど、相手からどういう反応されるか気になって聞けなかった」

相手の気分を害すかもしれないと思い、話すタイミングを探っているうちに、会話が終わってしまった」

「職場の人たちの雰囲気が気になってしまいなかなか人の輪に入っていけないし、職場に行きづらい」 

HSPでお悩みの方は、日常生活や仕事の面で、こういったつらさを感じているのではないでしょうか?

わかっていても、どうにもできない ■

はじめまして、カウンセラーのSOMEMA(そめま)です。

 

HSPについてメディアで取り上げられるようになったためか、「自分はHSPなのか?」「HSPは病気なのか?」といった質問をする方が増えています。

私はメンタルクリニックでのカウンセラー経験がありますが、HSPは病気ではなく、気質・性格傾向であるため医師から「HSP」と診断されることはありません。

ですが、HSPがゆえの悩みが元で不眠や腹痛などの身体症状が現れたり、不安障害、適応障害といった診断を受けた方もいました。

さらには、仕事できなくなったり、引きこもりがちになるなど、生きづらさを感じている患者さんにも接してきました。

多くの方は自分が陥っている状態はわかっているのですが、どうにもできないままになっていて、症状が出るまで苦しくなっていました。

「わかっていても、どうにもできない」

超えることができそうで超えられない壁のようで、苦しいですよね…。

だからといってそのままにしていると、うつや不眠などの症状が出たり、生きづらさが増していきます。

■ HSPの悩みは克服可能

ここまで、つらい話が続いてしまいましたね…申し訳ございません。

HSPの方はご自身のつらさをよく理解していらっしゃいますし、なんとかしたいと思って、このホームページをお読みくださっているのだと思います。 

ご自身の状態を把握できていることや「なんとかしたい」という思いは、悩みの克服にとても大切なことです。

HSPによる対人関係の疲れや生きづらさを感じながらも、今までよくやってこられましたね。

今まで自分の状態がわかっていても、自分のこころの働きを理解することや自分のこころを守ったり、癒したり適切な方法を身につけていく機会がなかったために苦しんできたのではないかと思います

でももう悩まなくても、諦めなくても大丈夫ですHSPによる悩みの克服は可能なのです。

こころの自立と自由を手に入れるカウンセリン

当カウンセリングルーム・TAGiRL(タギール)「こころの自立と自由を手に入れるカウンセリング」では、

2000件の電話相談とメンタルクリニックで経験を積んだ、カウンセラー歴12年・公認心理師のSOMEMA(そめま)が、お客さまの気持ちに寄り添いながら、HSP向けの効果的なセラピーやワークを行います。

「話すのが苦手。緊張する」「自分の気持ちがわからないし、話すのが難しい」と感じている方も多いかと思いますが、こちらではお客様のペースに合わせて、お話を伺っております。

そのため、お客様は安心した雰囲気でお話しできますので、ご自身の感覚や感情、価値観など、ご自身の理解も深められます

また、心理状態や悩みの主訴を適切に把握した上で、セラピーやワークを行いますので、お客様はHSPならではの精神的な疲れやストレスを癒しながら、対人関係やコミュニケーションの取り方などをオリジナルのテキストを用いてわかりやすい形で身につけられます。

カウンセリング中や直後だけ調子が良い、というのではなく、お客様ご自身でも日常生活の中でセラピーやワークができ、自分自身で癒したり、悩みを解消できるようにサポートしております。

その結果、時間をかけずに苦しい対人関係からお客様が自立し、生きづらさから自由になり、自分にとって心地よい生き方を見つけ、歩んでいくことができます。

それが、「こころの自立と自由を手に入れるカウンセリング」であり、従来のカウンセリングやメンタルクリニックとの違いになります。

オンラインはもちろん、東京都内・神奈川県内であれば、対面でのカウンセリングも可能です。

人生は一度きりだから… ■

HSPゆえの疲れ、生きづらさ…ずっとこのままでいいのでしょうか?

人生は“Only One Page”、二度はありません。 

いまこそHSPの悩みを手放し自分の望む心地よい人生を送りませんか?

少しでも悩みに向き合い、より良い人生を歩もうとする方の味方として私は全力で支援いたします!

■料金・申し込みフォーム■

【お試しカウンセリング(初回)】

1回 60分 5,000円(税込)

➡︎毎月先着5名様限り 60分・1,000円(税込)

お申し込みの方には、こころの悩みの解決や克服の基本となる「心の距離感シート」をプレゼントいたします。

12月 残り:5枠

2回目以降のカウンセリング】

1回 120分 30,000円(税込)
(1回 60分 15,000円 でも承ります)

【申し込みフォーム】

すぐに予約枠がいっぱいになりますので、今すぐお申し込みくださいね。

 

    *は必須入力

    *
    *
    *
    *
    *
    *
    個人情報保護について

    お申込みいただいた個人情報は厳重に管理し、当店が定めるご案内目的以外個人データを本人の同意を得ることなく第三者に提供しません。

    【その他の申し込み方法】

    <LINE>  ぜひLINEに友だち追加してお申し込みください

    友だち追加

    <電話> 09083610258
    【代表:SOMEMA(そめま)】
    (他のお客様の対応中などで留守電にしていることがありますので、留守電にお名前と電話番号、ご用件を入れてくださいね。折り返し連絡いたします)

    <Eメール> yos.has.jd0515@gmail.com

    ウンセリングの効果は?

    「こころの自立と自由を手に入れるカウンセリング」によって、相手の顔色や機嫌などに振り回されることがなくなるため、自分らしい行動が取りやすくなります。

    そのために対人関係での疲れが少なくなり、自分の望む人生・未来も作りやすくなります。

    実際に、カウンセリングをお受けになったクライアントから「効果を感じている」といったお声を頂いております。

    「悪循環に気づいた」[20代女性]

    【どんな悩みがあったか?】
    我慢して長時間働き続けているうちに適応障害になり休職したことをきっかけにカウンセリングを受けました。

    【カウンセリングの雰囲気など】
    当たり前かもしれませんが、カウンセラーが穏やかに否定せずに聞いてくれるので、安心して話すことができました。

    【カウンセリングを受けてみて】
    子どもの頃から今までを振り返ってみると、他人からどう思われるかを気にして、言いたいことを我慢しつづけて、最後には感情を爆発させて人間関係が悪くなるという悪循環に陥ってしまうことに気づけました
    また、悪循環に入り込まない対処や、我慢せずに自分の思いを伝えることを身につけることができました。

    「自分の気持ちや、やりたいことがわかった」[40代女性]

    【どんな悩みがあったか?】
    同居している父に気をつかったり何かきゅうくつな感じがしていました。

    【カウンセリングの雰囲気など】
    自分の気持ちにぴったりくるような表現や、自分が何をしたいのか、カウンセラーが一緒に探してくれる感じでした。

    【カウンセリングを受けてみて】
    「自分の思いに従って行動するのは、わがままだ」という思い込みがあることがわかりました。
    また、自分がどんな仕事をしたいのかがわかり、それがHSPの人に向いていることも理解できました
    自分のやりたいことに素直になっていいと感じてスッキリしましたし、カウンセラーに相談して本当に良かったと思いました。

    「相手のことを考えすぎないようになった」[50代男性]

    【どんな悩みがあったか?】
    職場の人たちが自分に対してどう思っているのか気になってしまったり、「あの人に話しかけてあげないと可哀想かな」など、仕事中に相手のことをあれこれ考えてしまうのですが、そのことを誰にも話せず、しんどくてカウンセリングを受けました。

    【カウンセリングの雰囲気など】
    ずっと話したいと思っていたことを安心して話せて、まとまらない話も上手に聞いていただいたと思います。


    【カウンセリングを受けてみて】
    相手が何を思っているのかは、直接聞いてみるまでは分からないはずなのに、ずっと相手の気持ちを探し回っていたのだと実感しました。
    自分と他人の気持ちの距離感や境界線を意識できるようになり、「今は他人の気持ちを考えすぎているな」と気づいて、自分の気持ちをコントロールできるようになりました。

    ■ 私もHSP で悩んできました■

    私も元々、相手の顔色を過剰に気にするタイプで、相手の気分を害さないように、自分の考えと違っても相手の意見に同意して、自分のしたくないことをして、窮屈で不自由な思いをしてきました。

    相手に合わせている割には、

    ・小学校の時のいじめ、仲間はずれ
    ・会社員時代の職場での孤立
    など、

    人間関係が上手くいかないことが多く、「人に合わせてまで苦労しているのにな…」と思い、苦しい時を過ごしてきました。

    相手や集団にすごく合わせるので、最初はうまくいくのですが、だんだん合わせることに違和感や苦痛を感じることが多く、相手も、無理に合わせている私から違和感を覚えたのかもしれません。 

    それで結果的に、私から関わることを避けるようになったり、相手が離れていったりという人間関係を繰り返していました。

    苦手意識があるために、人とのコミュニケーションを避けるようになり、避けるので仕事もうまくいかなくなりました。

    そのためか、いつしか対人関係に苦手意識を感じるようになりました。

    うまくいかないことで自分への否定感も強くなり、仕事に行くエネルギーも無くなり、仕事を辞めたこともあります。

    そんな悪循環に入っていた時期もありました。 

    親が厳しく、幼少期から言いたいことを我慢して、親の顔色を気にして育ってきた影響も大きいと思います。

    世間で良しとされがちな「空気を読む」「従順さ」といった世間や集団の持つ価値観や雰囲気を敏感に感じ取って無理に合わせてきたこともあるでしょう。

    そのような原因と思えることや、自分の傾向には気づいてはいたものの、どうにもできないつらさがありました。

    そのつらさから、こころの働きや人との距離感について知りたいと思い、大学に入り直して心理学を学び、カウンセラーの資格も取り、カウンセリングを受けたこともありました。

    それにより、自分のこころの働きが理解でき対人関係の取り方や自分自身をケアすることで、だんだんと「自分はHSP だけど、それがダメなわけではない自分を否定せず、自分の人生を生きよう」と思うようになり、それからはHSPに悩むことはなくなりました。 

    このように自分が悩んできたことを活かして、わずかでも自分と同じHSP で悩む人の力になればと思い、心理カウンセラーとして活動しています。

    ■ よくある質問

    以下に簡単なQ&Aを載せていますが、ご不明点があれば、遠慮なく申し込みページや問い合わせページからご連絡くださいね。

    Q:HSPかどうか診断できますか?
    A:HSPという診断名はなく、精神症状に診断名を付けるのは医師の仕事となるため、こちらでは診断はできかねますが、カウンセラーに話すことで、ご自身がHSPであるか理解を深めることは可能かと思います。
    安心してご相談いただければと思います。

    Q:緊張してうまく話せません。言いたくないこともあります。
    A:初めての時は特にも緊張しますよね。お話はまとまってなくても大丈夫です。話しやすいところからで構いませんし、話したくないことは無理に話さなくてもいいですよ。

    Q:Zoomの場合、顔を出さなくてもいいですか?
    A:お客さまの様子を見ながらカウンセリングを行いたいので、顔を出して頂いた方がいいですが、顔出しなし(カメラオフ)でも構いません。

    Q:個人情報の取り扱いが気になります。
    A:カウンセラーには守秘義務がありますので、ルーム外に個人情報を出すことはございません。また、漏洩防止の観点から一定期間内で消去いたします。